いろんなことがけた違い: カナダ ノースウエスト準州の21の驚異

いろんなことがけた違い: カナダ ノースウエスト準州の21の驚異

誰でも、夜空の星を見上げて、自分はちっぽけで取るに足らない存在だと感じたことがあるのではないでしょうか?

ノースウエスト準州の旅も同様です。1日ドライブしても他の車に出会わない場所が、他にどこにあるでしょうか? または、1つの湖全体が貸し切り状態である場所。あるいは、北米大陸最大の獣の群れに囲まれ自分が小さく見える場所。

そうです。ノースウエスト準州はあらゆるものを広い視野で捉えることができる場所なのです。極上の別世界の地なのです。星を見つめた時のように謙虚な気持ちになり、逆になぜか人生が大きく広がっていくのです。

 

最も素晴らしい滝

ヴァージニア・フォールズ(別名Náilicho)は表面積4エーカー、流量約8500万㎥/日を誇り、これはオリンピック規模のスイミングプールを2.5秒で満たすほどの流量です。ナハニ国立公園の中央には、ナイアガラの滝の2倍の高さの滝があり、地球上で最も素晴らしい荒野の滝とされています。誰もが一生に一度は見ておくべきものです。

 

最も険しい航路

何百年もの間、カナダ最上部の狭く、氷に閉ざされた迷路のような北西航路は、船乗りたちを悩ませてきました。伝説的なジョン・フランクリン卿を含む何百人もの命がここで奪われました。今日、豪華客船の旅行者たちは、ウィンター・ハーバーのペリーズ・ロック、マーシー・ベイのインベスティゲーター号沈没現場、険しいスモーキングヒルズ、非常に危険なプリンス・オブ・ウェールズ海峡、ならびにサックス・ハーバーウルカクトックといったコミュニティのような名高い場所を訪問することで、この悲惨な歴史を追体験することができます。

 

最大の湖

グレート・ベアは北方の湖の中でも最大級の湖です。バンクーバー島ほどの大きさの湖です。カナダ国内にだけに水塊がある最大の淡水湖で、その面積は31,000㎢。カナダの現在の家庭用水使用量500年分の水を供給できる規模です。この内海の底を探検すると、いろいろな発見が...

 

最も大きい魚

本当なのです。グレート・ベア湖には淡水の怪物が住んでいます。ここでは、レイクトラウトが10歳の子供ほどの大きさに、そしてよりどう猛に成長します。デネの漁師は90ポンドにも達する巨大な魚をネットにかけ、この湖の西側では、フィッシングロッジの釣り人が79ポンドの魚を釣り(そしてリリース)ました。これはスポーツフィッシングの世界記録です。

 

最も美しい光

雲一つない空気が澄んだ夜。全く光の公害はありません。「オーロラ・オーバル」の真下という、地理的にこれ以上ない好条件。ノースウエスト準州は、年間200晩以上天空にライトショーを繰り広げる世界最高のオーロラ鑑賞地であることは疑う余地もありません。

 

最も過酷な気候

同準州の一番端まで行くと、地球上で最も厳しい気候を経験するかもしれません。気象学者は、北極海諸島の最北短付近の氷に閉ざされたペリー島は、雲、湿気、風、容赦ない寒さを被るために、最も極端な、最も居住に適さないカナダの一角となっています。イヌイットの人々でさえ、この小惑星のような、植物や動物のない環境は人が住める場所ではなく、ここに人間が来る理由は一つもなく、来たとしても生き残れるはずはないと考えていました。

 

最も体格の良い動物

ノースウエスト準州の代表的な動物は、山のように大きなウッド・バイソンで、群れがハイウェイをのんびりと歩いて交通を遮断し、非常に自由に行動しています。南のほうに生息しているプレーン・バイソンより大型で色が濃く、肩の高さは1.8メートル、体重は1トンにもなります。すなわち西半球で最大の動物です。言うまでもありませんが、近づかないようにしてください

 

最も深い湖

ラットセルクという小さな町からさほど遠くない沖合にグレート・スレイブ・レイクの端が突き出ています。ボートから石を投げたら、暗く冷たい水の中を2,014フィート沈んでいきます。これは、CNタワーの高さよりも長い深さです。グレート・スレイブ・レイクは北米で最も水深の深い湖であるだけでなく、その底は海面から1/4マイルの深さで、北米大陸の最も低い天然の地点です。

 

最も孤独な公園

トゥクトゥト・ノーゲイト国立公園は非常に遠隔地であるため、長年の間、誰も寄り付かない土地でした。カナダで最も旅行者が訪れない国立公園かもしれません。国立公園内に住むカリブー、猛禽類、オオカミ、バレンランズグリズリーにとっては好ましいことで、人間の存在に対して無頓着です。けれども、もしも一人になれる場所をお探しなら、この場所ほど「孤独」な場所はありません。

 

最も遠い道路

デンプスター・ハイウェイはカナダ最北の道路で、車で北極圏を旅する人たちをマッケンジー川の三角州にあるイヌビクへと導きます。座っていながら体験できる最も素晴らしい冒険です。今から数年後には、さらに遠くへ到達できるようなります。このルートは、ピングーやカリブー、イヌイット文化で有名な北極海岸の定住地、トゥクトヤクトゥクまで拡張されています。

 

最も壮大な川

カナダ国土の1/5にわたる分水界をもつマッケンジー川は、同国で最も重要な河川で、水源から海まで4,000キロメートルの長さを誇ります。ノーマンウェルズでは「ビッグ・マック」の川幅は4キロメートル以上です。フォート・グッド・ホープ付近のザ・ランパーツと呼ばれる渓谷では、その幅は0.5キロメートルに過ぎません。文化的には、この川は古代デネの本土を結ぶすスーパーハイウェイです。船漕ぎにとっては壮大な長旅ですが、直接ノースウエスト準州の中心部へ向かう最良の道です。

 

最も長い小道

キャノル・トレイルは全長355キロメートル、北米で最も長い自然のハイキング道です。バックパッカーがこのルートを制覇するには3週間以上かかり、完全に自給自足で何から何まで自分で賄わなければなりません。コミュニティやいかなる種類のサービスもありませんし、他のハイカーと遭遇することもほぼありません。その代わりに、無数の名もなき山頂、壮麗なアルペン谷、人間と会ったことのない生き物たち、数多くのものに出会えます。

 

最も大きい公園

ウッド・バッファロー国立公園はカナダ最大、地球上で第2番目に大きな自然保護区です。多くの独立した国々よりも大きいこの地域は、かつてこの大陸を放浪していた非常に大きなバイソンの群れの最後の生き残りの生息地である広大な寒帯平原を保護しています。世界最大のビーバーダム、最大の淡水三角州、そしてこのいきもの...ここでは、ほぼすべてのものがこの上ないものなのです。

 

最も珍しい鳥

この鳥は、おそらく北米全体で最も絶滅の危機に瀕した鳥の種類でしょう。しかし、フォート・スミス付近の湿地帯では、なかなか見られないアメリカシロヅルの生息数が回復し始めています。一時は総数25羽を下回ったこともありましたが、北米での夏の生息地保護のかいもあり、世界のアメリカシロヅルの数は500羽近くまで増えています。幸運な訪問者はこの鳥を一目見ることができるかもしれません。アメリカシロヅルは、背丈が5フィートもあり、北米大陸で最も背の高い鳥なので、すぐに見分けがつきます。

 

最も冷たいハイウェイ

毎年冬の2か月間、ノース・スレイブは地球上で最も長い氷の道が横断する場所になります。600キロメートルにも及ぶ氷のハイウェイは湖やツンドラを横切ってヌナブト準州との境界へと続いています。この私道は鉱山の運搬トラック用に作られたものですが、猟師や写真家、冒険家を運ぶ道でもあります。この道を行くならば、勇気とガソリン、北極圏グレードの防寒ギアが必須です。

 

最も北に位置する川

樹木のないエデンの園、オーラビク国立公園を流れるクリスタルのように澄んだトムセン川は、地球上で最も北に位置する可航河川であるとされています。毎年夏が来ると、北極海へと注ぐ雪解け水をカヌーに乗った人たちが漕ぎ行き、ジャコウウシを眺めたり、イワナやホワイトフィッシュ、世界最北部に住むマスを釣ったりします。個人でこの船旅を楽しむこともできますし、ツアー会社と一緒に行くこともできます。いずれにせよ、地球の最も果てのパドラーになることは間違いありません。

 

最も人里離れた場所

カナダの空虚の地へようこそ。ここは、グレート・スレイブの東海岸とハドソン湾の沿岸との間に位置する巨大な住人のいない地域です。広大なバレンランズは南極圏外では最も人口密度の低いエリアで、道路も、家もスターバックスもありません。それでも、数件のフィッシングロッジや伝説的なシーロン川があり、何万頭ものカリブーやオオカミ、ジャコウウシ、グリズリーなどの動物が生息しています。あらゆるものから遠く離れたい人にはうってつけの場所です。

 

最も肥沃な大地

ノースウエスト準州には数々の硬岩金山や、カナダでの初期の油田、マンハッタン計画を支えたウラン鉱山がありました。現在、ノースウエスト準州はより高価ものを生産しています。199年代、この地で、カナダで初めてダイヤモンドが発見されました。これらの鉱脈のおかげで、カナダは今では世界第3位のダイヤモンド生産国となっています。

 

最も奇妙な動物

ナヌラーク、グローラーベア、ピズリー、ピーグリズルなど、いろんな名前で呼ばれている動物がいます。グリズリーとホッキョクグマの雑種である、非常に奇妙なクマです。メスのホッキョクグマとオスのヒグマの交雑は、気候変動のため北方で広がりつつあり、2頭の交雑種の存在がここノースウエスト準州で確認されています。しかし、サックス・ハーバーやウルカクトックあたりのツンドラにはもっと多くの交雑種がいるだろうと考えられています。地元のガイドと探索すると、地球上で最も珍しい動物を観察できるかもしれません。

 

最も初期の試合

ご存知ですか? ホッケーはここノースウエスト準州で生まれました。1820年代にジョン・フランクリン卿に仕えてここで冬を過ごしていた男たちが、グレート・スレイブ・レイク付近の凍った池の上でホッケーのようなスポーツをやり始めました。これについて記録された最も古い出来事が、地球上で最も素晴らしい試合だったのです。

 

最も古い岩

バレンランズの先端、ウェクウェイティの北の川の真ん中にある島は地球誕生初期からの岩でできた小山です。アカスタ片麻岩は40億年以上前のもので、発見された中で最も古い露出岩石です。文字通り、地球という惑星上で最古のものなのです。