イエローナイフの旧市街

イエローナイフの旧市街

イエローナイフの旧市街では、がさつな「ダーティー・サーティーズ」の興奮の名残が見受けられます。30年代は、鉱山労働者がウィロウ・フラッツ、ピース・リバー・フラッツ、ラザム・アイランドなど、「ロック(岩場)」のあちこちにテントを張り、木の小屋を建てた時代でした。高級住宅街の合間に、古い小屋や丸太小屋が愛情たっぷりに今も保存されています。ビンテージの雰囲気に浸るには、ラグド・アス・ロード沿いを散策してみましょう。旧市街の湖岸沿いには、古風な食堂やフィッシングなどのツアー会社があり、旅行者をフィッシングツアーに送り出す水上飛行機の音が絶えず響いています。「ロック(岩場)」の頂点にあるパイロッツ・モニュメントは、絶対に見逃せないスポット。ここは旧市街で最も標高が高い場所で、息をのむような360度の視界が広がり、街の様子や近くの島々、ハウスボート、青く輝くグレート・スレイブ湖を一望することができます。