カナダのノースウエスト準州の秋に心を奪われる15の理由

カナダのノースウエスト準州の秋に心を奪われる15の理由

この地の冬は別世界です。春は幸福感に満ち溢れ、夏は有頂天。しかし、きっと秋が最高の季節であると言えるでしょう。なので、タンスの奥からフランネルを引っ張り出して、楽しむ準備をしましょう。ノースウエスト準州の秋の素晴らしい点をご紹介します。

 

夜の再来

「光のために主を賛美する人がいる、
生きている火花、
私は夜を神に感謝する
癒やしの暗闇。」

これは北方の詩人ロバート・サーヴィスの引用で、彼は自分が語ったことについて良く知っていました。終わりのない昼間の光が何か月も続いた後、暗闇が安堵として戻ってきて、私たちを癒やし、包み込み、ほっとさせるのです。

 

...そしてオーロラの再来!

やはり暗黒の再来についてベストな点と言えば? オーロラが戻ってくることです。実際のところ、冬の寒さが厳しくなる前の秋が、天空のライトショー鑑賞に最も適した時期と言えるでしょう。

 

キャンプ場を独り占め

暑い季節には、公園は旅行者で溢れかえっています。秋はどうでしょう? それほどでもありません。希望のキャンプサイトを選ぶことができ、すがすがしい秋の朝に川辺でコーヒーをすすりながら、穏やかな静けさを楽しむことができます。

 

カリブー

秋には、最も馴染みのある有蹄動物が大移動を始めます。カリブーの大きな群れが北極海沿岸から南へと向かい、高木限界線へ向かって不毛の地を一斉に通り過ぎていきます。デンプスターハイウェイ沿いや、ツンドラのロッジのような場所では、この大規模な移動の真っただ中に立つことになります。

 

収穫の季節

カリブーと言えば、秋は収穫の季節です。地元の人たちは、差し迫る冬を前に冷凍庫をいっぱいにしようと土地へ出ていきます。先住民キャンプを訪れ、伝統的な生活について学ぶのにうってつけの季節です。スポーツハンティングをする方は、ガイドを雇って狩りを体験するのもよいでしょう。

 

すがすがしい秋のハイキング

秋のハイキングは楽々。本当なのです。天候が寒くなってきたので楽々で汗知らず? いえいえ、冗談抜きで、ノースウエスト準州でのトレッキングに最高の季節なのです。

 

初雪のちらつき

北のほうでは、それを「終わりを告げる雪化粧」と呼ぶ地域もあります。秋の初雪で、山頂がうっすらと白くなります。それから数週間、雪線が下へ下へと降りてきます。そして、あっという間に辺り一面が真っ白になります。

 

ベリー!

甘酸っぱい自然の恵み。夜の気温が下がるとベリー中の糖度が上がり、熟して食べごろ・摘みごろになります。ベリーの収穫は、こ ここでは競技のようなもので、実際に飛行機をチャーターしてツンドラへ向かい、何百キロものジューシーなベリーを持ち帰る人もいます。皆さんもお味見してみてはいかがでしょうか。

 

バードウォッチング

頭上で南へ向かうガンの鳴き声が聞こえてくるようになったら秋の訪れです。その他様々な野鳥の群れも空に舞い、一年で最もバードウォッチングに適した季節と言えるでしょう。

 

居心地の良いキャビン

秋になれば、屋内にいることを後ろめたく感じることもなくなります。居心地の良いログキャビンでくつろいで、読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。これが秋の醍醐味というものです。

 

ほっと心安らぐ食事

秋のごちそうを楽しむことを罪に感じる必要もありません。寒い季節がやってくるのですから、エネルギを蓄えておくべきです。ヘラジカのシチューはいかが?

 

華やかな紅葉

8月下旬と9月には、ツンドラがまるで火事のように赤くなります。あたり一面が明るい深紅色に染まる景色を想像してみてください。一年で最も美しい季節です。

 

不毛の地のフォトグラフィー

秋は一年で最も美しい季節ということで、写真家たちが一斉に集まってくる季節でもあります。不毛の地のロッジでフォトワークショップをよく見かけることと思いますが、現地の美しいものすべてをページから飛び出すような画 像にする方法を学べます。

 

フィッシング

秋は釣りの季節です。釣りは解禁中で、キタカワカマスやマス、イワナもまだかかります。毛糸の帽子をかぶって、釣りに出かけましょう!

 

最高なのは虫がいないこと

本当なのです。

蚊もいない。

ブヨもいない。

ヌカカもいない。

アブもいない。

最高の世界....