サウス・スレイブ

サウス・スレイブ

サウス・スレイブ/ウッドバッファロー

サウス・スレイブは、ノースウエスト準州グレート・スレイブ湖の南岸に沿って走るマッケンジー・ハイウェイとヘイ川から、東のバレンランドにかけての地域です。この地は大きなグレート・スレイブ湖と、この湖に注ぐ、かつては北部への重要な交通路であったヘイ川、スレイブ川によって形作られています。ヘイ川には壮大な滝がいくつもあり、ルイーズ・フォールズとアレクサンドラ・フォールズはマッケンジー・ハイウェイ沿いにある美しいスポットです。スレイブ川は、フォート・スミスのあたりで水が白く泡立つ急流になっており、カヌー愛好家にとって絶好のスポットになっているほか、シロペリカンの群れが川の中州に巣を作ります。また、スレイブ川では、グレート・スレイブ湖のフォート・レゾリューションまでカヌー下りを楽しむこともできます。ウッドバッファロー国立公園は、マッケンジー・ハイウェイの東の端に位置する国立公園で、車で通行することができます。壮大なスケールの自然が広がり、北米最大の陸生哺乳類であるウッドバッファローが自由にさまよっています。小さな湖や、カルスト地形の大地、塩原、一面の湿地を探索してみましょう。ここは、絶滅危惧種であるアメリカシロヅルの営巣地にもなっています。